産後矯正Q&A

 

Q.産後矯正は
いつごろ受けたらいいでしょうか?


A.痛みの有無、骨格の歪み度合いや
筋肉の収縮度合いなど、
実際手を当ててみないと
何とも言えないのが本当のところです。

まず、ご説明致しますと
産後矯正と聞くと、一般的に
「骨盤の引き締め」と捉えられている部分
が多いかと思います。
もちろんそれも
大切な目的の1つではありますが、


「何の目的で施術を受けたいのか」
を重要視しております。
 

初めてお産された方は
お産も、産後の育児も
自分に起こる全ての事が初めてでですから
判りづらいと思いますが、

痛みの感覚や、違和感が有る無いにしても、
カラダの至る部位に
負担が掛かる出産と産後育児ですので、
痛みがどこかに感じられるのであれば
施術で軽減させるよう
骨格全てを整えていきます。

そこの大元の土台が「骨盤」であり、
痛みを感じていなくても
歪みが生じている場合が
ご来店の産後女性を見るとほとんどです。
 


*痛み改善をされたいのか
(なるべく早めにご来店下さい)

*痛み予防の感覚なのか
(定期的な施術をオススメします)

*骨盤の引き締め目的なのか
(リラキシンの分泌が減退する6か月と
月経・排卵が始まる頃がオススメです)

*母乳の出を良くしたいのか
(授乳中であれば
乳管開通前をオススメします)

*産褥後、平常の生活に戻したいのか
(なるべく早めをオススメします)

*育児による精神的ストレス緩和なのか
(辛いと思うときに)


産後の骨盤は緩んでいて当然です。
出産後間もない女性は
ホルモンの関係でそうなります。

少しずつ日常の生活に戻っていき、
子供も成長し少しずつ手が離れ
親から離れていき

精神的にも身体的にも
子供の自立を受け入れていく頃に
妊娠前のホルモン分泌状態に
戻っていきます。

メスとして次の子を宿す準備が
ココロもカラダも整った時に
「自然と」骨盤は締まりはじめるものです

ですが、それを邪魔する身体状況の方が
多いのも、残念ながら事実です。

 

元々女性が兼ね備えた
その自然な神秘的なサイクルを
私の手技でお手伝いさせて頂き
お聞きになりたい方へは、
因果関係をお話しさせていただいてます。


カラダが快調であれば
ストレスは溜まりません。
特に、ココロの快調は
お子さんにとってもプラスです!


お困りごとあればご相談下さい。